トップ > CBTコラム > 資格の分類

資格の分類

オデッセイ コミュニケーションズのCBT担当です。
今回は、資格の分類についてお話しします。

資格試験には、大きく分けて国家資格、公的資格、民間資格という分類があります。

国家資格は、特定の職業へ従事するにあたり、法律で取得が定められている資格です。

公的資格は、法律による取得は定められていないものの、省庁の後援を得ていたり、商工会議所が主催するもの、公益法人(一般社団法人、一般財団法人)が主催するものなど、公的な位置づけとみなされる資格です。

民間資格は、企業や個人などが実施する資格です。

弊社でもっとも多くのお客様にご受験いただいているMOS試験は民間資格です。累計受験者数は410万人を超えており(2018年6月30日現在)、知名度も高く、OAスキルを証明する資格として多くのお客様にお役立ていただいています。

公的資格も、一般社団法人 日本コンタクトセンター教育検定協会主催の「コンタクトセンター検定試験」、一般社団法人 日本リユース業協会主催の「リユース検定」、総務省と文部科学省の後援を得ている一般財団法人 統計質保証推進協会主催の「統計検定」、を運営しています。

弊社は、資格の分類にはこだわらず、キャリア形成を支援する資格、世の中に求められる資格の普及に努めています。

資格の分類

2018年8月20日


企業・資格団体様のCBT導入支援を行っています。サービス概要や導入実績はこちらよりお問い合せください。
資料請求・お問い合せフォーム