トップ > CBTコラム > 試験日程

試験日程

オデッセイ コミュニケーションズのCBT担当です。
今回は、試験日程についてお話しします。

大規模な会場で数十名あるいは数百名の受験者が一斉に受験するペーパー方式の試験では、試験日程が年に数回程度と限られることがあります。
申込みを忘れたり、不合格になると次の受験機会が半年後ということも珍しくありません。

コンピューターで実施するCBT方式の試験は、一般的に年間を通していつでも実施できます。試験日程は試験会場が設定しますが、毎月あるいは毎週の頻度で試験を実施する会場や、ほぼ毎日試験を実施する会場もあり、申込みを忘れたり不合格になっても、何カ月も待つ必要がありません。
その一方で、同じ科目を短期間に繰り返し受験されると、出題傾向などが記憶として残り適正な評価ができなくなる懸念があります。このため、同じ科目を繰り返し受験する場合には次の受験まで一定期間を空けていただくルールを設けた試験もあります。それでもペーパー形式の試験に比べるとCBT方式の受験機会は多く、お客様の利便性は向上します。

大学の入試制度もCBT化が議論されており、受験機会が複数化されて再チャレンジできることが一般的になっていくのかもしれません。

試験日程のイメージ画像

2017年8月22日


企業・資格団体様のCBT導入支援を行っています。サービス概要や導入実績はこちらよりお問い合せください。
資料請求・お問い合せフォーム