トップ > CBTコラム > 統計とプログラミング

統計とプログラミング

オデッセイ コミュニケーションズのCBT担当です。
今回は、注目スキルとして統計とプログラミングを紹介します。

AI、IoT、ビッグデータ、クラウドなど、最新テクノロジーに共通して求められるスキルは統計とプログラミングです。

米国の公開オンライン講座MOOCでは、統計とプログラミングが人気コースの上位に入っています。

文部科学省の学習指導要領においても、統計とプログラミングへの取り組みが強化されつつあり、日本の子供たちが将来のために身に着けた方がよいスキルとして位置付けられているようです。

弊社は、総務省・文部科学省・経済産業省・内閣府・厚生労働省が後援している資格「統計検定」、Excelを使ったデータ分析の資格「ビジネス統計スペシャリスト」、人気のプログラミング言語Pythonを対象とした資格「Pythonエンジニア認定試験」、ほとんどのパソコンですぐに利用できるプログラミング言語VBAを対象とした資格「VBAエキスパート」など、統計とプログラミングに関する資格も運営しています。

統計とプログラミングは、これからますます注目されるスキルになるでしょう。
これらの資格を人材の育成・評価にお役立てください。
また、統計とプログラミングの分野で試験のCBT配信をご検討されている資格主催団体の皆様は、ぜひ弊社へご用命ください。

統計とプログラミング

2018年12月17日


企業・資格団体様のCBT導入支援を行っています。サービス概要や導入実績はこちらよりお問い合せください。
資料請求・お問い合せフォーム