トップ > CBTコラム > タイピングスキル

タイピングスキル

オデッセイ コミュニケーションズのCBT担当です。
今回は、タイピングスキルの必要性をお話しします。

スマートフォンやタブレットの普及により、キーボードで文字を入力する「タイピング」の苦手な学生が増えているという話を伺うことがあります。一方、ビジネスで資料を作成したりメールを書く際は、パソコンを使用する方が多いと思われます。

パソコンで文字を入力するときに、キーボードを見ずに入力するブラインドタッチのできる方はとても早く作業が進みます。もちろん、文字入力だけがパソコンの作業ではありませんが、正確でかつ入力速度が早ければ、文書を作成するのが面倒ではなくなるかもしれませんし、メールも素早く返信できます。

何十年も続くビジネス人生で入力作業を短縮できれば、膨大な時間的メリットがあります。
実際にタイピングスキルの上達により文書作成のスピードが速くなり、時間を有効利用できるようになった経験のある方も多いのではないでしょうか。

将来、AIにより話した言葉を自動的に文字入力することが普通になるかもしれませんが、タイピングスキルは比較的短時間で習得できます。未来を期待するよりも、いますぐ役立つタイピングスキルの習得をお勧めします。

皆様も、日々の入力作業に苦手意識があるようでしたら、ぜひタイピングスキルを身に着けてみてください。初めはなかなか思うように入力できなくても、徐々に入力が楽になり、その効果は大きな時間的メリットとして還元されます。

タイピングスキル

2018年6月18日


企業・資格団体様のCBT導入支援を行っています。サービス概要や導入実績はこちらよりお問い合せください。
資料請求・お問い合せフォーム