トップ > 試験概要 > データ分析実務スキル検定

データ分析実務スキル検定

データ分析実務スキル検定は、ビジネスパーソンが最低限身に着けておくべきデータサイエンスに関する知識・スキルを証明する試験です。

データ分析実務スキル検定 公式サイト

試験科目

プロジェクトマネージャー級

問題数 60問
出題形式 選択式(単一または複数選択)
操作問題 プロジェクトマネージャー級では、Excelを操作する問題が5問出題されます。試験会場によりExcelバージョンは異なります。
お客様がExcelバージョンを指定することはできませんが、操作性に大きな違いはありません。
ご受験前に操作問題の画面解説とExcelバージョンの違いを解説した資料「操作問題の画面紹介」をご確認ください。
試験方法 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 90分
合格基準 97点満点で、64点以上
受験料 11,000円(税込)
出題範囲

詳細は、試験の公式サイト(https://cbas-exam.jp/)から「サンプル問題申込みフォーム」へ記入のうえダウンロードできる資料をご覧ください。

ステップ 知識・スキル 問題数
分析プロジェクト
の立上げ
①業務目的に応じて適切なKPIツリーを作成することができる 3
②データの取扱いに関する利用規約、法令やガイドラインを理解している 2
データ準備 ①データ分析に必要な前処理を理解している 2
②SQLの基礎的なスキルを獲得している 5
③基本的なデータ可視化手法を理解している 5
④基礎集計を通じて、データの全体像や質を確認することができる 8
課題特定〜施策提案〜施策評価 / モデリング〜評価 ①業務目的に応じて適切なコーディング(R/Python)ができているかをおおよそ確認できる 13
②基本的な統計手法を理解している 4
③主要な機械学習の概要と使い分けを理解している 10
④予測モデルの評価観点とモデル改善のための対応手法を理解している 4
⑤施策の評価と効果検証ができる 4
合計問題数 60
学習方法 CBAS対策講座(予定)
データの活用・分析スキル育成プログラム(E-learning)
再受験に関するルール 前回の試験日から6ヵ月(180日間)は受験できません。
※再受験ルールは、前回の試験終了時刻から次回の試験開始時刻までの期間(時間)をルールの日数(時間)だけ空けていただきます。

受験の流れ

1.試験のお申込み

試験会場を検索して、会場に直接お申込みください。
[試験会場を探す]

  • ※試験実施日やお申込み方法は、試験会場によって異なります。
  • ※試験実施日が表示されていない場合は、試験会場へ受験希望日をご相談ください。

2.Odyssey IDの登録

受験には、Odyssey IDの登録(無料)が必要です。事前に登録を済ませ、試験会場へお越しください。
[Odyssey IDの登録] Odyssey ID登録手順(PDFファイル 824KB)

3.試験当日

お申込み時に指定した日時、会場で受験してください。
当日の持ち物は下記ページより、必ずご確認ください。
[当日の持ち物]

4.試験結果

試験結果(合否)は、試験終了直後に判定されます。
試験終了後、「試験結果レポート」をお渡しします。

合格した方は、試験終了直後からご自身の合格をWebサイトで証明できます。
詳細は、合格者の照会をご覧ください。

5.合格認定証の送付

合格した方には、受験から約4週間で合格証を郵送します。

履歴書の記載例
データ分析実務スキル検定 プロジェクトマネージャー級 合格

株式会社データミックス
東京都千代田区神田神保町2-44 第2石坂ビル2F