トップ > 試験概要 > PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験

サーバサイドプログラミング言語PHPの専門知識を評価する試験です。

PHP技術者認定試験 公式サイト

【キャンペーン実施中】
SNSで「年内中にPHP7初級試験受験します!」と宣言されると、インプレスPHP7初級試験公式問題集がもらえるキャンペーンを実施中。対象のSNSや応募方法はキャンペーンページをご覧ください。
SNSで受験宣言するとインプレスPHP7初級試験公式問題集がもらえます

試験科目

PHP5技術者認定初級試験

問題数 40問
出題形式 選択式
試験方式 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 60分
合格基準 7割正解
受験料 一般価格 13,200円(税込)
学割価格 6,600円(税込)

※学割価格の対象者は、「学割価格の対象となる学生と教員」をご覧ください。学割価格で受験する方は、試験会場へお申込みの際に学割価格で申込みすることと所属する学校名をお伝えください。試験当日は、必ず「学生証」もしくは「教員証」をご持参ください。

出題範囲

出題範囲は主教材であるオライリー・ジャパン「初めてのPHP(PHP7対応版)」より以下の問題数で出題します。

項目 出題割合
1章オリエンテーションと始めの一歩 0.06
2章テキストと数の操作 0.08
3章判定と繰り返しについて 0.08
4章配列の操作 0.08
5章関数 0.08
6章Webフォームの作成 0.08
7章データベースに情報を保存 0.08
8章クッキーとセッションでユーザを記憶 0.06
9章日付と時刻の取り扱い 0.06
10章ファイルの操作 0.08
11章XMLのパースと生成 0.02
12章デバッギング 0.04
13.8 クラスとオブジェクト(クラス定数も含む) 0.02
14章日本語処理 0.06
付録B 正規表現の基本 0.04
付録D PHP5.1とPDO 0.02
追加1.セキュリティ(各章からのポイントの集約や一般的な知識など) 0.02
追加2.出力バッファ(エラー処理。各章からのポイントも含む) 0.02
追加3.定数・予約語 0.02

学習方法

認定テキスト

主教材(認定市販教材)

初めてのPHP5

初めてのPHP5 増補改訂版

  • David Sklar 著、桑村 潤、廣川 類 監訳、木下 哲也 訳
  • 定価:3,190円(税込)
  • 単行本:432ページ
  • ISBN 978-4-87311-580-1
  • 発売日:2012/9/24
  • 出版社:オライリージャパン

その他、試験を主催するPHP技術者認定機構から認定されたテキストが以下のサイトで紹介されています。

認定テキスト

認定スクール

試験を主催するPHP技術者認定機構から認定されたスクールが以下のサイトで紹介されています。

認定スクール

再受験に関するルール 同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。

PHP7技術者認定初級試験

問題数 40問
出題形式 選択式
試験方式 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 60分
合格基準 7割正解
受験料 一般価格 13,200円(税込)
学割価格 6,600円(税込)

※学割価格の対象者は、「学割価格の対象となる学生と教員」をご覧ください。学割価格で受験する方は、試験会場へお申込みの際に学割価格で申込みすることと所属する学校名をお伝えください。試験当日は、必ず「学生証」もしくは「教員証」をご持参ください。

出題範囲

出題範囲は主教材であるオライリー・ジャパン「初めてのPHP(PHP7対応版)」より以下の問題数で出題します。

項目 出題問題数
PHPの特徴 2
テキストと数の操作 3
ロジック:判定と繰り返し 2
データのグループ:配列の操作 3
ロジックのグループ:関数とファイル 3
データとロジックの結合:オブジェクトの操作 2
ユーザとの情報交換:Webフォームの作成 4
情報の保存:データベース 4
ファイルの操作 2
ユーザの記憶:クッキーとセッション 2
他のWebサイトやサービスとのやり取り 2
デバッグ 2
テスト:プログラムが正しく動作するようにする 2
ソフトウェア開発で心得ておきたいこと 1
日付と時刻 1
パッケージ管理 1
メールの送信 1
フレームワーク 1
コマンドラインPHP 1
国際化とローカライゼーション 1

学習方法

認定テキスト

主教材(認定市販教材)

初めてのPHP

初めてのPHP

  • David Sklar 著、桑村 潤、廣川 類 監訳、木下 哲也 訳
  • 定価:3,300円(税込)
  • 単行本:364ページ
  • ISBN 978-4-87311-793-5
  • 発売日:2017/3/18
  • 出版社:オライリージャパン
  • 購入方法:テキストはaoten(アオテン)ストアで販売しております。

    アオテンストアで学習教材を購入

その他、試験を主催するPHP技術者認定機構から認定されたテキストが以下のサイトで紹介されています。

認定テキスト

認定スクール

試験を主催するPHP技術者認定機構から認定されたスクールが以下のサイトで紹介されています。

認定スクール

再受験に関するルール 同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。

PHP5技術者認定上級/準上級試験

問題数 60問
出題形式 選択式
試験方式 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 120分
合格基準 7割以上の正解:上級試験合格
5割以上~7割未満の正解:準上級試験合格
受験料 一般価格 16,500円(税込)
学割価格 8,250円(税込)

※学割価格の対象者は、「学割価格の対象となる学生と教員」をご覧ください。学割価格で受験する方は、試験会場へお申込みの際に学割価格で申込みすることと所属する学校名をお伝えください。試験当日は、必ず「学生証」もしくは「教員証」をご持参ください。

出題範囲

『プログラミングPHP 第3版』を主教材とし、一般的な知識やPHPオンラインマニュアルなどからも出題します。出題範囲と出題割合は以下の通りです。

項目 出題割合
1章 PHPについて 0
2章 PHP言語の基本 0
3章 関数 0.02
4章 文字列 0.02
5章 配列 0.04
6章 オブジェクト 0.1
7章 ウェブに関するテクニック 0.12
8章 データベース 0.08
9章 グラフィック 0.04
10章 PDF 0.04
11章 XML(&XML系で追加された関数) 0.06
12章 セキュリティ 0.12
13章 アプリケーションに関するテクニック 0.08
14章 さまざまなプラットフォームでの PHP 0.04
15章 ウェブサービス 0.02
16章 PHPのデバッグ 0
17章 日付と時刻 0
追加1:
SPL(Standard PHP Library)
日付クラス
PEAR(管理系のコマンドなど)
・SPLの概要
・PEARの管理
0.04
追加2:
名前空間
クロージャー
リフレクション
Late Static Binding
・名前空間の使い方
・クロージャ
・クロージャの使い方
・レイトスタティックバインディングの使い方
0.04
追加3:
JSON
・JSON
・JSONP
0.02
追加4:
PDOとネイティブモジュールの違い
mysqlndドライバについて
・PDOとPostgreSQL
・PDOとOCI
・PDOとSQLITE
・PDOとMySQL/MySQLi
・mysqlndとlibmysql
0.04
追加5:
正規表現(pcre, posix, mbstring)
・正規表現の使い方
・正規表現モジュールの基礎知識
0.02
追加6:
APD/Xdebug
memcache
・Memcache
・デバッグの手法
・Xdebugの機能・使い方
・パフォーマンスチューニング
・memcache/memcached
0.04
追加7:
フィルター
・フィルタ機能の概要
・フィルタ機能の使い方
0.02
追加8:
・PHPの拡張
0

上記の1章から17章は『プログラミングPHP 第3版』の各章に対応します。追加1-8はオンラインマニュアル等から出題されます。オンラインマニュアル等の参考URLは、以下のサイトをご覧ください。

PHP5上級試験/準上級試験

学習方法

認定テキスト

主教材(認定市販教材)

プログラミングPHP 第3版

プログラミングPHP 第3版

  • Kevin Tatroe、Peter MacIntyre、Rasmus Lerdorf 著、高木 正弘 訳
  • 定価:4,180円(税込)
  • 大型本:416ページ
  • ISBN 978-4-87311-668-6
  • 発売日:2014/3/25
  • 出版社:オライリージャパン
  • 購入方法:テキストはaoten(アオテン)ストアで販売しております。

    アオテンストアで学習教材を購入

その他、試験を主催するPHP技術者認定機構から認定されたテキストが以下のサイトで紹介されています。

認定テキスト

認定スクール

試験を主催するPHP技術者認定機構から認定されたスクールが以下のサイトで紹介されています。

認定スクール

再受験に関するルール 同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。
 

受験の流れ

1.試験のお申込み

試験会場を検索して、会場に直接お申込みください。
[試験会場を探す]

  • ※試験実施日やお申込み方法は、試験会場によって異なります。
  • ※試験実施日が表示されていない場合は、試験会場へ受験希望日をご相談ください。
  • ※未成年の方は、保護者の同意を得たうえでお申込みください。

2.Odyssey IDの登録

受験には、Odyssey IDの登録(無料)が必要です。事前に登録を済ませ、試験会場へお越しください。
[Odyssey IDの登録]  Odyssey ID登録手順(PDFファイル 824KB)

3.試験当日

お申込み時に指定した日時、会場で受験してください。
当日の持ち物は下記ページより、必ずご確認ください。
[当日の持ち物]

4.試験結果

試験結果(合否)は、試験終了直後に判定されます。
試験終了後、「試験結果レポート」をお渡しします。

合格した方は、試験終了直後からご自身の合格をWebサイトで証明できます。
詳細は、合格者の照会をご覧ください。

5.合格認定証の送付

合格した方には、受験から約4週間で合格証を郵送します。

履歴書の記載例
PHP5技術者認定初級試験 合格
PHP7技術者認定初級試験 合格
PHP5技術者認定上級試験 合格
PHP5技術者認定準上級試験 合格

 

学割価格の対象となる学生と教員

試験当日に、学生証もしくは教員証を提示した小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、高等専門学校、専修学校、専門学校ほか、PHP技術者認定機構の認める学校に在籍する児童・生徒・学生・教員の方が学割価格の対象となります。

【PHP技術者認定機構が認める学校、学生】
  • 予備校生(本科生、学割証の発行される予備校生)
  • 各種学校で1年以上の連続した就学期間による授業が定められたコースに通う学生(学割証の発行される学生)
  • 留学生などでISIC(International Student Identity Card)を所持している者
  • 盲学校、聾学校、養護学校
  • 防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校、航空保安大学校、水産大学校、航空大学校、農業者大学校、海技大学校、職業能力開発総合大学校、各職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、農業系の大学校・短期大学校、産業技術系の大学校

主催団体

一般社団法人BOSS-CON JAPAN
PHP技術者認定機構 事務局(吉政創成株式会社内)

公式サイト:https://www.phpexam.jp/
公式Twitter:@phpexam
公式facebook: https://www.facebook.com/phpexam.jp/