トップ > 試験概要 > Pythonエンジニア認定試験

Pythonエンジニア認定試験

汎用のプログラミング言語Pythonの専門知識を評価する試験です。

Pythonエンジニア認定試験 公式サイト

試験科目

Python 3 エンジニア認定基礎試験

問題数 40問
出題形式 選択式
試験方式 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 60分
合格基準 7割正解
受験料 一般価格 11,000円(税込)
学割価格 5,500円(税込)

※学割価格の対象者は、「学割価格の対象となる学生と教員」をご覧ください。学割価格で受験する方は、試験会場へお申込みの際に学割価格で申込みすることと所属する学校名をお伝えください。試験当日は、必ず「学生証」もしくは「教員証」をご持参ください。

出題範囲

出題範囲は主教材であるオライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル 第3版」より以下の比率で出題します。

章立て 出題率
1章 食欲をそそってみようか 2.5%
2章 Pythonインタープリタの使い方 2.5%
3章 気楽な入門編 15.0%
4章 制御構造ツール 22.5%
5章 データ構造 17.5%
6章 モジュール 5.0%
7章 入出力 2.5%
8章 エラーと例外 10.0%
9章 クラス 5.0%
10章 標準ライブラリめぐり 10.0%
11章 標準ライブラリめぐり─PartII 2.5%
12章 仮想環境とパッケージ 2.5%
13章 次はなに? 0.0%
14章 対話環境での入力行編集とヒストリ置換 2.5%

学習方法

認定テキスト

主教材(認定市販教材) ※基礎文法部分から出題

Pythonチュートリアル 書影

Pythonチュートリアル 第3版

  • 著者:Guido van Rossum 著、鴨澤 眞夫 訳
  • 定価:1,980円(税込)
  • A5判 260頁
  • ISBN 978-4-87311-753-9
  • 発売日:2016/3/24
  • 出版社:オライリージャパン
  • 購入方法:テキストはaoten(アオテン)ストアで販売しております。

    アオテンストアで学習教材を購入

認定スクール

試験を主催する一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会から認定されたスクールが以下のサイトで紹介されています。

認定スクール

再受験に関するルール 同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。

(ベータ試験)Python 3 エンジニア認定データ分析試験(終了)

受付開始 2019年8月20日
開催期間 2019年8月27日~9月30日
問題数 40問
出題形式 選択式
試験方式 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 60分
合格基準 7割正解 ※合格者には正式な合格証を郵送します。
受験料 ベータ試験特別価格 6,480円(6,000円+消費税8%)
出題範囲

出題範囲は主教材である翔泳社「Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書」より以下の範囲と割合で出題します。

章立て 問題数 出題率
1   データエンジニアの役割 2 5.00%
2   Pythonと環境    
  1 実行環境構築 1 2.50%
  2 Pythonの基礎 3 7.5%
  3 Jupyter Notebook 1 2.5%
3   数学の基礎    
  1 数式を読むための基礎知識 1 2.50%
  2 線形代数 2 5.00%
  3 基礎解析 1 2.50%
  4 確率と統計 2 5.00%
4   ライブラリによる分析実践    
  1 NumPy 6 15.00%
  2 pandas 7 17.5%
  3 Matplotlib 6 15.00%
  4 scikit-learn 8 20.00%
5   応用: データ収集と加工 0 0.00%

学習方法

認定テキスト

主教材(認定市販教材)

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書

  • 著者:寺田 学、辻 真吾、鈴木 たかのり、福島 真太朗
  • 定価:2,728円(税込)
  • A5判 328頁
  • ISBN 978-4798158341
  • 発売日:2018/9/19
  • 出版社:翔泳社
  • 購入方法:テキストはaoten(アオテン)ストアで販売しております。

    アオテンストアで学習教材を購入

認定スクール

試験を主催する一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会から認定されたスクールが以下のサイトで紹介されています。

認定スクール

試験問題に関するフィードバックのお願い ベータ試験で問題内容に関してお気づきの点をフィードバックしてください。試験中にお気づきの点を控えていただくため、試験当日に計算用紙と筆記用具を配付します。試験後にモニターへ表示されるアンケート画面で控えていただいた内容をご入力ください。
再受験に関するルール ベータ試験の受験機会は、開催期間中に1回のみです。
 

受験の流れ

1.試験のお申込み

試験会場を検索して、会場に直接お申込みください。
[試験会場を探す]

  • ※試験実施日やお申込み方法は、試験会場によって異なります。
  • ※試験実施日が表示されていない場合は、試験会場へ受験希望日をご相談ください。
  • ※未成年の方は、保護者の同意を得たうえでお申込みください。

2.Odyssey IDの登録

受験には、Odyssey IDの登録(無料)が必要です。事前に登録を済ませ、試験会場へお越しください。
[Odyssey IDの登録] Odyssey ID登録手順(PDFファイル 824KB)

3.試験当日

お申込み時に指定した日時、会場で受験してください。
当日の持ち物は下記ページより、必ずご確認ください。
[当日の持ち物]

4.試験結果

試験結果(合否)は、試験終了直後に判定されます。
試験終了後、「試験結果レポート」をお渡しします。

合格した方は、試験終了直後からご自身の合格をWebサイトで証明できます。
詳細は、合格者の照会をご覧ください。

5.合格認定証の送付

合格した方には、受験から約4週間で合格証を郵送します。

履歴書の記載例

Python 3 エンジニア認定基礎試験 合格
Python 3 エンジニア認定データ分析試験 合格

 

学割価格の対象となる学生と教員

試験当日に、学生証もしくは教員証を提示した小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、高等専門学校、専修学校、専門学校ほか、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会の認める学校に在籍する児童・生徒・学生・教員の方が学割価格の対象となります。

【一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が認める学校、学生】
  • 予備校生(本科生、学割証の発行される予備校生)
  • 各種学校で1年以上の連続した就学期間による授業が定められたコースに通う学生(学割証の発行される学生)
  • 留学生などでISIC(International Student Identity Card)を所持している者
  • 盲学校、聾学校、養護学校
  • 防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校、航空保安大学校、水産大学校、航空大学校、農業者大学校、海技大学校、職業能力開発総合大学校、各職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、農業系の大学校・短期大学校、産業技術系の大学校

主催団体

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 事務局(吉政創成株式会社内)

公式サイト:https://www.pythonic-exam.com/
公式Twitter:@pythonic_exam
公式facebook: https://www.facebook.com/pythonicexam/
公式connpassグループ:https://pythonic-exam.connpass.com/