トップ > 試験概要 > ヤマハネットワーク技術者認定試験

ヤマハネットワーク技術者認定試験(Yamaha Certified Network Engineer)

ヤマハネットワーク技術者認定試験(Yamaha Certified Network Engineer:YCNE)は、最新のネットワーク技術、ヤマハネットワーク製品の知識、専門性を評価し、ネットワークエンジニアのスキルセットの1つとして役立て、キャリアアップにつなげることを目的とした、ヤマハ株式会社が公式に認定する試験です。

ヤマハネットワーク技術者認定試験 公式サイト
ヤマハネットワークエンジニア会(YNE)

試験科目

YCNE Basic★

問題数 50問
試験時間 60分
出題形式 選択式(四肢択一)
試験方式 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
合格基準 7割程度正解
※合格基準は、試験問題の更新などにより変動することがあります。
受験料 一般価格:13,200円(税込)
学割価格: 8,800円(税込)

※学割価格の対象者は、「学割価格の対象となる学生と教員」などをご覧ください。学割価格で受験する方は、試験会場へお申込みの際に学割価格で申込みすることと所属する学校名をお伝えください。試験当日は、必ず「学生証」をご持参ください。

出題範囲

YCNE Basic★の出題範囲です。

大分類 中分類
1.ネットワークの基礎 TCP/IP 4階層モデルを中心に暗号化、VPN等に関するネットワークセキュリティの基礎知識
2.基本操作 ルーターに関する基本設定(CUI/GUI)
3.インターネット接続 IPアドレス変換、フィルター等に関する設定
4.VPNの構築 拠点間のVPN接続に関する設定
5.LAN構築 スイッチに関する基本設定とVLAN設定

詳細は、YCNE公式サイトをご覧ください。

ヤマハネットワーク技術者認定試験 公式サイト

学習方法

<参考図書>
「ネットワークがよくわかる教科書」 SB Creative出版
「マスタリングTCP/IP入門編 第6版」 オーム出版

主な対象者 ・ネットワークエンジニアを目指す学生
・授業や講座として取り入れる教員の方
・ネットワークの基礎知識を確認したい方
・ヤマハネットワーク製品を扱う営業担当者とネットワークエンジニア
再受験に関するルール 同一科目に対して2回目以降の受験は、前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。
※再受験ルールは、前回の試験終了時刻から次回の試験開始時刻までの期間(時間)をルールの日数(時間)だけ空けていただきます。
 

試験の体系

「ヤマハネットワーク技術者認定試験(YCNE)」は、「YCNE Basic★」、「YCNE Standard★★」、「YCNE Advanced★★★」の3つのレベルで構成されています。
「YCNE Basic★」は、ネットワークエンジニアを目指す学生を始め、ネットワークの基礎知識を確認したい方、ヤマハネットワーク製品を提案する営業担当者など、幅広い方に受験していただける試験です。
「YCNE Standard★★」、「YCNE Advanced★★★」は、Basicの学習内容を理解していることを前提とした試験になり、段階的に難易度がアップします。※次年度以降に順次展開する予定です。

試験の体系

 

受験の流れ

試験の前 試験当日

1.試験のお申込み

2.Odyssey IDの登録

3.ご受験

試験会場を検索して、試験のお申込みと、受験料のお支払いをします。

受験するには、事前にOdyssey IDの登録が必要です。
※既にお持ちの場合、再登録は不要です。

写真付き身分証明書など、当日の持ち物を確認して、受験します。

1.試験のお申込み

試験会場を検索して、会場に直接お申込みください。
[試験会場を探す]

  • ※試験実施日やお申込み方法は、試験会場によって異なります。
  • ※試験実施日が表示されていない場合は、試験会場へ受験希望日をご相談ください。
  • ※未成年の方は、保護者の同意を得たうえでお申込みください。
  • ※10名以上の団体受験を希望される場合は、以下よりお問い合わせください。

企業のお客様
教育機関のお客様

2.Odyssey IDの登録

受験には、Odyssey IDの登録(無料)が必要です。事前に登録を済ませ、試験会場へお越しください。
[Odyssey IDの登録] Odyssey ID登録手順(PDFファイル 790KB)

3.試験当日

お申込み時に指定した日時、試験会場で受験してください。

  • ①ご受験にはOdyssey IDが必要です。
    事前にご登録いただいた「Odyssey ID」と「パスワード」を控えてお越しください。
  • ②本人確認のため、「写真付き身分証明書」が必要です。
    身分証明書をお忘れになると、ご受験いただくことができません。
  • ③受験票をお持ちください。
    試験会場によって受験票の発行がない場合もあります。受験票が発行されない場合は、①と②をお持ちのうえ、試験会場にご来場ください。

当日の持ち物は下記ページより、必ずご確認ください。
[当日の持ち物]

4.試験結果

試験結果(合否)は、試験終了直後に判定されます。
試験終了後、「試験結果レポート」をお渡しします。

合格した方は、試験終了直後からご自身の合格をWebサイトで証明できます。
詳細は、合格者の照会をご覧ください。

5.合格認定証の送付

合格した方には、4~6週間以内に合格証を郵送します。

履歴書の記載例

ヤマハネットワーク技術者認定試験 Basic 合格

6. オープンバッジの発行

合格した方には、「オープンバッジ」が発行されます。
オープンバッジは、強固なセキュリティーシステムで偽造・改ざんを防いだ、国際技術標準規格のデジタル証明書です。画像に埋め込まれた「メタデータ」で、保有する資格や学習の成果をオンラインで簡単に共有・送信・公開できます。電子メール署名や履歴書に付けたり、ソーシャルメディア(LinkedIn、Facebook、Twitter)、ウェブサイトといった様々なプラットフォームに載せてアピールできます。

オープンバッジに関するお問い合わせ先

 

学割価格の対象となる学生と教員

試験当日に、学生証もしくは教員証を提示した小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、高等専門学校、専修学校、専門学校に在籍する児童・生徒・学生・教員の方が学割価格の対象となります。

【YCNEの学割対象となる学校、学生】
  • 予備校生(本科生、学割証の発行される予備校生)
  • 各種学校で1年以上の連続した就学期間による授業が定められたコースに通う学生(学割証の発行される学生)
  • 留学生などでISIC(International Student Identity Card)を所持している者
  • 盲学校、聾学校、養護学校
  • 防衛医科大学校、気象大学校、海上保安大学校、航空保安大学校、水産大学校、航空大学校、農業者大学校、海技大学校、職業能力開発総合大学校、各職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、農業系の大学校・短期大学校、産業技術系の大学校

主催団体

ヤマハネットワークエンジニア会 事務局
TEL:03-5651-1702(受付時間 9:00-12:00 / 13:00-17:00)
(※土・日・祝日、弊社定休日、年末年始は休業とさせていただきます)