Odyssey CBTオデッセイコミュニケーションズのテスティングサービス

統計検定4級

問題数 30問程度
出題形式 択一問題
試験方式 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間 60分
合格基準 100点満点で、60点以上
電卓 持ち込み可
持ち込み可能な電卓について
受験料

一般価格 5,000円(税込) / 学割価格3,500円(税込)

※学割価格の対象者は、「学割価格の対象となる学生」などをご覧ください。学割価格で受験する方は、試験会場へお申込みの際に学割価格で申込みすることと所属する学校名をお伝えください。試験当日は、必ず「学生証」をご持参ください。

団体受験制度 学校・企業でまとまって受験されると受験料が割引になる団体受験制度があります。ご利用条件やお申込方法は、統計検定CBT団体受験制度のご案内をご覧ください。
出題範囲 統計検定公式サイトに掲載してある出題範囲をご覧ください。
統計検定公式サイト 統計検定4級出題範囲表(2020年4月より実施)(PDF:98KB)
学習方法 統計検定公式サイトに掲載してある過去問題や関係図書、セミナーをご覧ください。
統計検定公式サイト 受験準備
再受験に関するルール

同一科目の2回目以降の受験は、前回の受験から7日以上経過することが必要です。

※再受験ルールは、前回の試験終了時刻から次回の試験開始時刻までの期間(時間)をルールの日数(時間)だけ空けていただきます。

※受験者がルールに違反した場合、すでに取得した資格の認定取り消し、および受験資格を永久に失う可能性があります。

受験の流れ

試験の前
試験当日
1.試験のお申込み 1.申込み
2.Odyssey IDの登録 2.IDの登録
3.ご受験 3.受験
試験会場を検索して、試験のお申込みと、受験料のお支払いをします。
受験するには、事前にOdyssey IDの登録が必要です。(既にお持ちの場合、再登録は不要です。)
写真付き身分証明書など、当日の持ち物を確認して、受験します。

統計検定公式サイトにCBT方式試験の受験の仕方が掲載されています。
受験の仕方および「CBT方式試験のよくあるご質問」などに記載されている内容を受験前に必ずご確認ください。

1.試験のお申込み

試験会場を検索して、会場に直接お申込みください。

試験会場を探す

※試験実施日やお申込み方法は、試験会場によって異なります。

※試験実施日が表示されていない場合は、試験会場へ受験希望日をご相談ください。

※未成年の方は、保護者の同意を得たうえでお申込みください。

2.Odyssey IDの登録

受験には、Odyssey IDの登録(無料)が必要です。事前に登録を済ませ、試験会場へお越しください。

Odyssey IDの登録
Odyssey ID登録手順(PDFファイル)

※Odyssey IDの登録には有効なメールアドレスが必要です。メールアドレスを持っていない場合は、Gmailなどのフリーメールアドレスを取得してから登録してください。

※登録したOdyssey IDは繰り返し利用できますので、複数のIDを登録しないでください。

Odyssey IDに関する よくあるご質問

3.試験当日

お申込み時に指定した日時、会場で受験してください。
当日の持ち物は下記ページより、必ずご確認ください。

当日の持ち物

4.試験結果

試験結果(合否)は、試験終了直後に判定されます。試験終了後、「試験結果レポート」をお渡しします。
合格した方は、試験終了直後からご自身の合格をWebサイトで証明できます。
詳細は、合格者の照会をご覧ください。

合格者の照会

5.合格認定証の送付

合格した方には、4~6週間以内に合格証を郵送します。
極めて優秀な成績を修めた受験者にはS、特に優秀な成績を修めた受験者にはAの評価が与えられ、合格証に同封して表彰状をお送りしております。なお、氏名や所属先の情報公開を許諾された方は統計検定公式サイトの受験データに掲載されます。

※合格証のデザインや効力は紙媒体方式の試験と同様ですが、「CBT方式試験での合格」であることが記載されます。

【履歴書の記載例】

  • 統計検定 準1級 合格
  • 統計検定2級 合格
  • 統計検定3級 合格
  • 統計検定4級 合格
  • 統計検定 統計調査士 合格
  • 統計検定 専門統計調査士 合格
  • 統計検定 データサイエンス基礎 合格
  • 統計検定 データサイエンス発展 合格
  • 統計検定 データサイエンスエキスパート 合格

6.オープンバッジの発行

合格した方には、「オープンバッジ」が交付されます。オープンバッジの交付に関する情報およびお問い合せは、統計検定公式サイトにてご確認ください。
オープンバッジは、国際的な技術標準規格「IMS Global Learning Consortium」に準拠したデジタル証明・認証です。画像に埋め込まれた「メタデータ」によって、取得した資格や学習成果を簡単に共有・送信・公開できます。電子メールの署名や履歴書に付けたり、SNS、ウェブサイトといったさまざまなプラットフォームに載せてアピールできます。

統計検定のオープンバッジ発行について

電卓・計算用紙・数値表について

電卓

統計検定では、電卓を利用できます。(ただし、「統計検定 データサイエンス基礎」では利用できません。)
電卓は、お客様がご用意いただき会場にお持ちください。また、使用できる電卓と使用できない電卓がございます。使用できない電卓をお持ちになった場合は、会場に持ち込むことができません。なお、電卓の貸し出しはございませんので、ご注意ください。

○ 使用できる電卓

四則演算(+-×÷)や百分率(%)、平方根(√)の計算ができる普通電卓(一般電卓)または事務用電卓を1台(複数の持ち込みは不可)

× 使用できない電卓

上記の電卓を超える計算機能を持つ金融電卓や関数電卓、プログラム電卓、グラフ電卓、電卓機能を持つ携帯端末

計算用紙・数値表

計算用紙と筆記用具、数値表は、試験会場で配布し、試験終了後に回収します。

科目 電卓の持ち込み 計算用紙と筆記用具の配布 数値表の配布
統計検定4級 ×

学割価格の対象となる学生

試験当日に、学生証などの在学を証明する文書を提示した小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学院、高等専門学校、専修学校、専門学校ほか、当社の認める学校に在籍する児童・生徒・学生の方が学割価格の対象となります。

そのほか当社が認める学校、学生

統計検定一覧に戻る

MENU